講義一覧

今日、電気・電子工学は、絶えず発展を続ける様々な産業分野の基盤技術として非常に重要な役割を担っています。しかしながら、変化の激しい技術革新に対応するには、目先の枝葉にとらわれることなく、基盤となる学問分野をしっかりと身に付けておくことが必要です。電気・電子工学科では、時代の変化に対応できる高度専門技術者(エンジニア)および研究者を育てることを使命として、以下のようにカリキュラムを編成しています。

  1. 電気・電子工学の基盤となる知識の確実な理解・習得のための必修科目を充実させています。
  2. エンジニアとしての実践的な能力を高めるため、実験・演習を充実させています。
  3. ゆるやかな教育コースとして、材料・デバイス、通信、計測制御システム、電気エネルギーのコースを設けています。
  4. 電気・電子工学全般の専門に偏り過ぎない知識を深めるため、全ての教育コースには必修科目をおいて全員に受講を義務づけています。
  5. 各人の進みたい分野に応じて、各教育コースの選択科目が設けられています。また各人の興味に応じて、他教育コースの選択科目を学ぶこともできます。
  6. 入学者全員にノートPCの購入を義務づけるとともに、情報処理教育の充実をはかっています。また、レポート・卒業研究でのノートPCの利用を通じて、ITを利用していく上での実践的能力が鍛えられます。
  7. 4年生では、各教育研究分野に分かれて、教員と1対1の関係で、世界的な第一線の研究テーマについて卒業研究を行います。

科目一覧と開講時期

開講時期 1年 2年 3年 4年
共通教育科目 一般教養科目詳しくは大学教育センターのホームページを参照してください。
専門科目 数学系 (前期)
常微分方程式及び演習
(前期)
数値解析
(後期)
線形代数及び演習
(後期)
応用解析I ,
応用解析II
(後期)
確率統計
物理系 (前期)
応用物理学,
量子力学I
(前期)
量子力学II
(後期)
統計力学
情報処理系 (前期)
情報処理及び演習
(前期)
プログラミング
学科基盤科目 (前期)
電気電子工学基礎
(前期)
電気回路II,
電磁気学II,
基礎電子回路
(後期)
電気回路I ,
電磁気学I
(後期)
電気回路III,
電磁気学III,
アナログ回路,
デジタル回路
学科基盤科目(実験) (前期)
ものづくり創成実習I
(前期)
電気電子工学応用実験I
(後期)
ものづくり創成実習II
(後期)
電気電子工学応用実験II
材料・
デバイス
(前期)
半導体工学I,
電気・電子材料
(後期)
電子物性学
(後期)
半導体工学II,
量子エレクトロニクス
通信 (前期)
情報通信工学I,
電磁波工学
(後期)
情報通信工学II ,
光・マイクロ波工学
計測制御・
システム
 (前期)
計測工学
(前期)
計測システム工学,
制御工学II
(後期)
制御工学I
(後期)
数理計画法,
デジタル信号処理
電気エネルギー (前期)
電気機器学,
電気エネルギー伝送工学,
高電圧パルスパワー工学
(前期)
電気設計
(後期)
電気エネルギー工学
(後期)
パワーエレクトロニクス,
プラズマ工学,
超伝導工学
その他 (通年)
ものづくり創成プロジェクト,
テクニカルコミュニケーションI,
テクニカルコミュニケーションII
(前期)
電気法規,
特許法,
創成デザイン工学及び演習
(後期)
コンピュータハードウェア,
電気化学
卒業論文 卒業論文