電気電子工学科  

山口大学 > 工学部 > 電気電子工学科 > 学科紹介

学科長からの挨拶

学科長  電気電子工学はあらゆる産業の基盤となる技術であり、高度に発達した文明・社会を維持発展させるために必要不可欠な学問分野です。電気電子工学の学問範囲は、大規模電気エネルギーの発生と制御をはじめとして、電波・光などの波動を駆使する情報通信技術、その基礎となる信号処理、電子回路、超高速トランジスタや集積回路、レーザ・光回路、電気電子材料などの広範なエレクトロニクス分野を含みます。電気電子工学科では、教育・研究を通じて、電気電子工学の基礎となる知識をしっかりと身につけ、急激な技術変化にも対応できる優秀な電気電子技術者を社会に送り出し続けることを使命と考えています。この目的に共感して、常に挑戦しつづける気概のある元気な学生さんの受験を歓迎します。卒業後の進路としては、約70%が大学院へ進学し、就職希望者は大手電機メーカーをはじめとして、毎年ほぼ 100 % の就職率を達成しています。保護者ならびに産業界の皆様には、山口大学工学部電気電子工学科のさらなる発展に対してご支援を賜りますようお願い申し上げます。


学科概要

当学科は、光・電子デバイスから通信・計測・制御、電気エネルギーまで電気電子工学を幅広くカバーしているのが特徴です。カリキュラムでは、実験・演習による実践的教育を重視し、必要な基礎力を身につけるための必須科目を充実させるとともに、選択科目において、材料・デバイス、通信、計測制御、エネルギーの幅広い分野から各自の目的に応じて学べるようになっています。また、学生とのコミュニケーションを密にするためのアドバイザー制の導入やティーチングアシスタント(大学院生)による指導・援助などの教育サポート体制を整えています。これによって、エレクトロニクスの広範囲な分野で活躍することができるエンジニアに必要な実践力と考える力の養成を行っています。
本学部へ入学後、1年次は山口市の平川キャンパスにおいて「共通教育科目」を主に受講します。2年次に宇部市の常盤キャンパスに移り、「専門科目」を中心に受講します。4年次には、将来を見据えて研究室に所属して卒業研究を行います。3年次への編入学においては、高専や他大学での取得単位の一部が認定されます。


学科の特色

○材料デバイスから通信、計測・制御、電気エネルギーまでを幅広くカバー

○発展する産業各分野に対応する人材育成

○次世代電気電子技術を見据えた基盤研究と応用研究

○学部学生に対する教育サポート体制

1) オフィースアワー:授業に関する質問等に応じるため、各教員が時間帯を設定し待機しています。

2) アドバイザー制:各教員がアドバイザーとして学生をサポートするシステムです。定期的面談における履修指導を始め、学習面や生活面での様々な相談に対応しています。


教育研究分野

教育研究分野名をクリックしますとさらに詳しい情報が得られます。

半導体光物性工学

レーザ分光法を利用したワイドギャップ半導体およびその低次元量子構造における光物理現象の解明と光機能性に関する教育と研究を行っています。

研究室の写真
時間分解発光分光システム

半導体デバイス工学

“電子立国日本”を支える技術と人財の育成を目指して、窒化物半導体の結晶成長、ウエファプロセス、発光デバイスの研究開発を行なっています。教育には、特に固体物理(固体電子物性)に力を入れています。

研究室の写真
卒業研究で作成した光半導体デバイス(LED)

エネルギー変換デバイス工学

熱エネルギーを直接電気エネルギーに変換できる熱電半導体や電界や光で磁気特性を制御できる希薄磁性半導体などの機能性新材料の開発を行っています。

研究室の写真
熱電素子(白色)は熱を電気に変換する。

超伝導・電子材料工学

電気抵抗をゼロにする究極の技術「超伝導」に関する教育・研究、および100万分の1ミリの極薄膜バリアを電子がトンネルする現象を利用
した接合デバイス作製のための、
a) 電子レベルでの電子材料の基礎物性とデバイス物理考察
b) ナノメートルレベルでの多層薄膜構造作製及び微細加工技術の開発
に取り組んでいます。

具体的には、
1)多層薄膜構造をもつ電子デバイス作製のための、
   低温・多元・省エネ・コンパクトを特徴とする、
   新型ボックス回転型6元低温高速対向スパッタ装置の開発
2)ナノメートル界面制御・フレキシブル化をキーワードとする、
   多層薄膜構造をもつ電子デバイスの機能化発現とその作製
   高性能電磁波センサーとしての超伝導トンネル接合
3)微細加工技術を使った新しい素子の基礎研究と高い無損失電流を
   実現する新しい超伝導材料の実験
を行っています。

研究室の写真
パルス大電流通電装置を用いた試料作成実験

磁性体デバイス工学

情報を記録したり、電磁波を制御して高品質な通信を実現するための磁気デバイスの研究開発、およびそれらデバイスの製造に必要な極高真空応用技術の研究を行っています。

研究室の写真
試作した高周波素子の特性評価試験

プラズマエネルギー工学

プラズマは高温であり、固体、液体、気体に続く第4の物質状態です。核融合関連技術開発の一環で水素負イオンの高効率生成への取り組みや、正負イオンから成る水素イオン性プラズマの生成や物性解明を行っています。

研究室の写真
水素イオン性プラズマの生成実験

計測システム工学

計測(測ること)は科学と技術の発展に必要不可欠な基礎学問です。対象を問わず、基礎から応用(インテリジェントセンシング)まで幅広いシステム計測に関する教育と研究を行っています。主な研究分野は、知的音響応用計測、動的計測、生体計測、安全技術(超音波・レーダ)などで、特に最近問題になっているトンネル、橋梁、ビルディングなどのコンクリート異常診断に関しては世界をリードする先端的な研究を行っています。

研究室の写真
社会に貢献する電磁波レーダ「トンネル空洞探査システム」

パワーエレクトロニクス

パワー半導体スイッチングデバイスによる電気エネルギーの変換・制御システム応用技術に関するパワーエレクトロニクスの教育と研究を行う。

具体的には,単相三線式配電の電流バランス機能を付加した電気自動車用スマートチャージャ,SiC MOSFETを用いた高周波高効率インバータ,広範囲の電流制御を可能にしたLED投光器用高効率電源,エネルギーハーベスティングに適用する最大電力追従制御などの研究を行っています。

研究室の写真
試作したスーパーキャパシタシミュレータの動作試験

電磁波・光デバイス工学

マイクロ波・ミリ波帯における電磁波を利用した通信用デバイス(アンテナ、メタマテリアル)に関する教育と研究を行っています。

研究室の写真
試作したビームスキャンレーダデバイスと測定

グリーンイノベーション

エネルギー使用量の削減や環境負荷低減が世の中の潮流となる中、高い省エネ、低環境負荷の特徴をもち、世界にグリーンイノベーションを創出するワイドギャップ化合物半導体の新規電子デバイスや量子デバイスを研究しています。

Copyright Yamaguchi University